がん患者の方の障害年金申請について

がんの患者さんにも障害年金の受給可能性がある?

社会保険労務士の阪本と申します。最近、がんで障害年金の申請を代理された方から教えて頂いたのですが、内科医の勝俣範之さんのツイートが、がん患者さんの仲間うちで話題になっているとのことです。キャプチャ

内容は、“がんの患者さんが障害年金をもらえることは、いまだにほとんど知られていない。障害年金は、簡単に言うと、重病になり、老齢年金をもらえない可能性のある患者さんが、前払いとして、年金を受給できるという制度と言ってよい。進行がん患者さんは皆受給する権利があると思います。もっと知ってほしい”。というものです。

まず、障害年金とは何なのか、ご説明いたします。

「障害年金」の制度について

公的年金の役割と聞くと65歳になった時に貰える老齢年金を思5い浮かべるのですが、他に遺族が亡くなった場合に支給される遺族年金、そして今回の病気や事故が原因で障害を負った場合に支給される「障害年金」があります。障害年金は、65歳以前に初診日があり、日常生活や仕事に支障がある人に対して支給されます。また、知的障害、発達障害、うつ病等の精神の病気も対象となっています。


では、「がん」で障害年金がもらえるというのは本当でしょうか?

がんで障害年金がもらえる要件

次のいずれかに該当する場合は、障害年金がもらえる可能性があります。大腸がん、乳がん、子宮がん、肺がん、胃がん、肝がん、・・・・等癌(がん)全般が対象です。

1級: 著しい衰弱又は障害の為、身のまわりのことが出来ず、常に介助を必要とし、終日就床を強いられ、活動の範囲が概ねベッド周辺に限られるもの


2級 :衰弱又は障害の為、次に掲げる状態に該当するもの
(1)身のまわりのある程度のことは出来るが、しばしば介助が必要で、日中の50%以上は就床しており、自力では屋外への外出などがほぼ不可能となったもの 
(2)歩行や身のまわりのことは出来るが、時に少し介助が必要で、軽労働は出来ないが、日中の50%以上は起居しているもの


3級 :著しい全身倦怠の為、次に掲げる状態に該当するもの 
(1)歩行や身のまわりのことは出来るが、時に少し介助が必要で、軽労働は出来ないが、日中の50%以上は起居しているもの
(2)軽度の症状が有り、肉体労働は制限を受けるが、歩行・軽労働・軽い家事・事務などは出来るもの


障害手当金
(1)身体の機能に、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を有するもの

がんは、症状が出ている部位などによって診断書を使い分ける必要があります。例えば、外部障害である上肢や下肢の切断の場合は「肢体の診断書」、喉頭全摘出の場合は「言語機能の診断書」、全身衰弱が主な症状の場合は「その他の診断書」等となります。それぞれ使い分けないと評価されないことになっています。また、診断書にも腫瘍マーカーの結果、ステージ(脳腫瘍はグレード)TMN分類、血液検査、画像検査、身体所見、体重、それに日常生活能力の影響などは、必ず記載してもらいたいです。
がんで障害年金がもらえるということは、ほとんど知られておらず、医師も障害年金の診断書の作成に慣れていない場合がほとんです。ましてやどの程度で何級に該当するか、どういう症状を診断書に反映すれば障害年金を貰えるかなど、臨床現場で働く医師が知っていることはほとんどないでしょう。専門家の中でも障害年金を専門にしている社労士に依頼することをお勧めします。

実際にがんの患者さんで障害年金を受給された方の事例

膀胱癌で障害厚生年金3級に決定された事例

ご相談者は、50代の会社員の方でした。会社の健康診断で血尿を指摘され近くの病院を受診したが、特に異常は見受けられなかったが、数年後、頻尿の症状と激しい排尿痛が発生し、再度当該病院を受診。
検査の結果、膀胱がんであることが判明し大きな病院を紹介されました。当該病院で放射線治療を行うも、効果がなく、膀胱全摘出手術を行い人工膀胱を造設となられました。医師には障碍者手帳の取得は勧められたが、障害年金のことはまったく話が無かったそうです。数年後、弊社の無料相談会のことを知り、がんでも障害年金が貰える場合があることを知り、ご相談されました。

初診日が5年以上前だったので、初診を受けた病院で初診日証明(受診状況等証明書)を書いてもらえるか心配でしたが、幸いにもカルテは残っており、初診日証明も取れ、障害厚生年金3級を取得できました。

障害年金の無料相談会

この度、当事務3所に来るのが難しいという方にも障害年金の受給可能性を知ってもらうために、外部会場を借りて無料相談会(国際障害者交流センター(ビッグ・アイ))を実施することに致しました。

なお、当センターでは体調がよろしくない方のために、出張無料相談も実施しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。 TEL:072-245-9675

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 072-245-9675
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談 電話相談 24時間 365日受付 072-245-9675
1分間受給判定
アクセス