がん

初診の病院でカルテは廃棄されていたが、膀胱癌で障害厚生年金2級を受給できたケース

ご相談にいらした状況 最初は自覚症状がなく起床時にトイレに行ったところ血尿が出たとのことで、近医の泌尿器科を受診。 当該病院で膀胱癌を疑われ、大きな病院で精密検査を受けるよう言われ、受診しました。 当該病院で精密検査を行うも確定診断がつかず、一旦経過観察となりました。医師から定期的に通院するよう言われていましたが、仕事が忙しくなり、また自覚症状もなく血尿も止まったため通院を一旦中断されていま
続きを読む >>

子宮体癌骨盤内再発で障害厚生年金3級を受給できたケース

3分で分かる動画で受給事例の紹介 ご相談にいらした状況 4年ほど前から不正出血、下腹部痛、背中の痛み、貧血が続いたので病院を受診。検査の結果、子宮体癌と診断され手術を実施。その後は経過観察となっていましたが、最近になって定期検診を受けたところ、癌が再発していることがわかりました。 これから手術が必要で入院費などの医療費も高額になることから、公的な補助がないか調べていたところ障害年金のこと
続きを読む >>

左乳癌、左大腿骨転移性骨腫瘍で障害厚生年金2級を受給できたケース

ご相談にいらした状況 市の乳がん検診で乳がんの疑いがあると指摘され、病院で再検査を受けたところ、乳癌と診断されたとのことでした。すぐに手術となり全摘手術を実施。 その後は、ホルモン剤を服用し、経過観察となっていましたが、腰から足にかけて激痛を生じるようになり、検査の結果、癌が遠隔転移していることがわかりました。 手術が必要になり、仕事は休職で無収入となり、医療費負担も大きくなることから何か公
続きを読む >>

胃癌からの転移で障害厚生年金2級を受給できたケース

ご相談にいらした状況 夫の障害年金の件で、奥様よりご相談いただきました。 会社の健康診断で胃の異常を指摘され、専門の病院で再検査をすることになりましたが、再検査前に下血を発症し、救急搬送されたとのことでした。検査の結果、進行胃癌でリンパ節・肝臓にも転移があり、ステージⅥであることがわかりました。 当該進行胃癌に対し、手術を行いましたが、余命は半年から1年未満と宣告され、精神的に辛い日が続いて
続きを読む >>

膀胱癌で額改定請求により障害厚生年金3級から障害厚生年金2級に認められたケース

ご相談にいらした状況 以前、当センターで障害年金の手続きをさせていただき膀胱癌で障害厚生年金3級を受給されていた方よりご連絡があり、あれから癌の転移があり、症状が悪化しているとのことでした。 そのため、上位等級への変更ができるかどうかとのことで、ご相談がありました。 社労士阪本による見解 障害年金は受給が決定した後も、更新の手続きや額改定請求という手続きがあります。額改定手続きは、障害年金
続きを読む >>

乳癌で障害基礎年金2級を受給できたケース

ご相談にいらした状況 右乳房に自壊した病変が出現し、病院で検査を受けたところ、乳癌と診断され肺にも転移していることがわかりました。抗がん剤治療開始となり治療を受けていましたが、増大していることがわかり、治療内容等を変更。また、乳癌について全摘、腋窩リンパ節も郭清となる。 その後、抗がん剤治療を行うも抗がん剤の副作用が強く上下肢の浮腫で運動障害が出ており歩行も困難で、爪も剥がれ落ち、手の腫れが強
続きを読む >>

直腸癌で障害厚生年金3級を取得、年間約80万円を受給できたケース

ご相談にいらした状況 ホームページを見たとのことでご相談があり直腸癌での人工肛門を造設されたとのことで、無料相談会にご参加いただきました。 社労士による見解 人工肛門造設の場合、障害認定日に注意が必要です。障害認定日は原則として、初診日から1年6か月を経過した日となるのですが、初診日から1年6ヵ月を経過する前に人工肛門を造設した場合は「造設日から6か月を経過した日」が障害認定日となります。
続きを読む >>

下行結腸癌で障害基礎年金2級を受給できたケース

ご相談にいらした状況 健康診断で大腸癌が見つかり、手術を行いましたが、半年後に癌が転移していることがわかり、現在は、抗がん剤治療を受けておられました。 抗がん剤治療の副作用の影響で以前は身の回りのことはなんとかできていましたが、最近では46時間継続して行う点滴治療や当該点滴後の疲労感や脱力感等で3日間は何もできない状況で、仕事もすることができず治療費等の金銭的な負担も大きくなり生活も困窮してい
続きを読む >>

膀胱癌(ストーマ)で障害厚生年金3級を受給できたケース

ご相談にいらした状況 ホームページを見たとのことでご相談があり、膀胱癌での膀胱の摘出手術(ストーマ装着)をされたとのことで、無料相談会にご参加いただきました。 社労士による見解 現在は、退院し、仕事をされていました。 障害年金は仕事をしているともらえないという誤解があるのですが、障害年金は働いていても受給することができます。膀胱障害では新膀胱、尿路変更術であれば原則として3級で認定されます
続きを読む >>

膀胱癌(ストーマ)で障害厚生年金3級を取得し、年間約93万円を受給できたケース

ご相談にいらした状況 ホームページを見たとのことでご相談があり膀胱癌での膀胱の摘出手術(ストーマ装着)をされたとのことで、無料相談会にご参加いただきました。 社労士による見解 膀胱障害の場合、障害認定日に注意が必要です。障害認定日は原則として、初診日から1年6か月を経過した日となるのですが、初診日から1年6ヵ月を経過する前に新膀胱を造設した場合は「手術日」が障害認定日となり、初診日から1年6
続きを読む >>

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 072-245-9675
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談 電話相談 24時間 365日受付 072-245-9675
1分間受給判定
アクセス