【柏原市-50代】初診日の病院でカルテが廃棄されていたにも関わらず、うつ病で障害厚生年金3を受給できたケース

ご相談にいらした状況

現在、仕事は休職中で傷病手当金を受給されていました。

今月いっぱいで傷病手当金が終了し、仕事も退職になってしまうため、今後の収入が無くなってしまうことから、障害年金の手続きを進めておられましたが、初診日の病院ではカルテが既に廃棄されており、初診証明が取得できないとのことでご相談がありました。

社労士阪本による見解

障害年金を請求する場合は、まず初診日を確認する必要があります。それは、障害年金は初診日当時の年金制度(国民年金又は厚生年金)から支給されることになっているためです。その年金制度から、決定された等級で障害年金が受けられるのか、受けられるなら金額はいくらになるのかが決まります。 

また、保険料納付要件は初診日で確認することになりますので、当該初診日が確認できない以上、保険料納付要件を確認することができないことになります。

受任から申請までに行ったこと

再度、初診日の病院に確認したところ、カルテは既に廃棄されているので、受診状況等証明書は書けないとのことでした。

そこで病院の受付簿やパソコンにデータが残っていないか確認したところ、紙カルテから電子カルテに切り替えた以降のデータが残っていることが判明しました。電子カルテに切り替えた以降のデータのみ残っていましたので、初診日当時の状況や前医の有無などは確認できないとのことでしたが、初診日の日付は確認でき、記載できる範囲で受診状況等証明書を記載してもらいました。

結果

初診日が認められ、障害厚生年金3級に認められました。

初診日証明は、原則としてカルテに基づいて証明することとされています。
しかし、カルテの保管期間は終診後から5年と法律で定められていますので、時間が経てば経つほど破棄されている可能性が高くなります。
カルテが無くて初診日を証明できない場合は、それに代わる客観的証拠に基づいた証拠書類を添付し証明する必要があります。例えば診察券だけが当時の証拠書類として残っていても、病院が総合病院であった場合は何の病気で受診したかわかりませんので、認められません。

このあたりになると、経験がないと判断が難しいため、専門家に相談することをお勧めします。

お問い合わせフォーム

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

お電話番号 (任意)

年齢

ご住所

傷病名

ご相談内容

うつ病・気分変調症の最新記事

精神疾患の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 072-245-9675
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談 電話相談 24時間 365日受付 072-245-9675
1分間受給判定
アクセス