腎疾患・肝疾患

初診時のカルテは破棄されていたが、糖尿病による末期腎不全で障害厚生年金2級を受給できたケース

ご相談にいらした状況 30年以上前から糖尿病を患い治療を受けていましたが、半年前に人工透析となり、医師から、障害年金の制度を教えてもらい、自分で手続き進めていましたが、制度が複雑でお仕事と人工透析の時間もあり、手続きが一向に進まない状況であったため、ご依頼いただきました。 社労士阪本による見解 人工透析の場合、障害年金では原則として2級と認定されます(ただし、主要症状、人工透析療法施行中の検
続きを読む >>

初診時のカルテは破棄されていたが膠原病による慢性腎不全で障害基礎年金2級を受給できたケース

ご相談にいらした状況 30年前に微熱や関節痛が続き病院を受診したところ風邪と診断されまた。風邪薬を処方されましたが、症状の改善がみられず、むくみ、極度の関節痛、紅斑が出始め歩行も困難になり、食事も摂ることができなくなったので、再度病院を受診。精密検査の結果、膠原病と診断されました。治療を行っていましたが、病院が廃院や診療科の閉鎖などがあり、複数回転院していました。そして今年になり症状が悪化し、人
続きを読む >>

糖尿病による慢性腎不全で障害厚生年金2級を受給できたケース

ご相談にいらした状況 会社の健康診断で尿糖陽性を指摘されていました、仕事が忙しく、自覚症状も特になく、仕事も忙しかったため病院には行っていませんでした。それから3年半経過したところで目の異常で病院を通院したところ糖尿病網膜症と診断され、目の手術を実施。それから15年経過したところで、糖尿病の症状が悪化し人工透析となっていました。障害年金の請求を自分で進めていましたが、手続きの複雑さに困難を感じ、
続きを読む >>

最初の病院でカルテが廃棄されていたにも関わらず、1型糖尿病で障害厚生年金3級を受給できた事例

ご相談にいらした状況 20年前に急な体重減少があり、病院を受診したところ1型糖尿病と診断されたとのことでした。血糖コントロールが必要でしたが、仕事は調理師だったこともあり、思うようにできなく、インスリンが必要になりました。その後,治療を続けましたが、症状が悪化し、入退院を繰り返すようになり、仕事は続けられなくなり退職。 その後、治療に専念するもケトアシドーシスに陥り入院したり、意識障害で生死を
続きを読む >>

末期腎不全、多発性のう胞腎で障害厚生年金1級を受給できたケース

ご相談にいらした状況 奥様の障害年金について、ご主人よりご相談がありました。 10年前に会社の健康診断で多臓器にのう胞を指摘され、再検査で病院を受診したところ、多発性のう胞腎と診断されたとのことでした。その後、東京の専門医にかかったり、複数の病院を転々としましたが、効果的な治療方法がなく、最近になって状態が急激に悪化。即日入院となり、寝たきり状態となっていました。 医師から透析が必要と言われ
続きを読む >>

糖尿病による慢性腎不全で障害厚生年金2級を受給できたケース

ご相談にいらした状況 現在、就労中でありましたが、人工透析をしており、週のうち3日は仕事を休まなければならず、フルタイム就労ができないため、給料も健康時に比べ大幅に減額となっていました。 何か公的補助がないのか、会社の上司に相談したところ、障害年金のことを教えてもらい、ホームページから当センターのことを知り、一緒に来所されました。 社労士阪本による見解 糖尿病による腎不全で人工透析となった
続きを読む >>

初診の病院でカルテが廃棄されていたにも関わらず慢性腎不全で障害共済年金2級に認められ年間約150万円を受給できたケース

ご相談にいらした状況 長年腎炎の治療をされていましたが、病状が悪化し人工透析の治療を開始されたとのことでした。 知人から障害年金の申請ができると言われ、自分で手続きを進めていましたが、初診の病院を通院したのが19年前でカルテは既に廃棄されており、共済組合から初診証明が取れないと請求できないと言われ、手続きも行き詰まっていたところ当センターのことを知り、無料相談会に参加されました。 社労士によ
続きを読む >>

アルコール性肝硬変で障害厚生年金3級に認められたケース

ご相談にいらした状況 爪白癬からの炎症が一向に治らないため、近位の内科を受診。血液検査してもらったところ糖尿病とアルコール性肝硬変と診断されたとのことでした。 専門医を紹介され病院を受診。しばらく治療をしていましたが、症状が悪化。仕事も退職となり、障害年金は奥様と協力して自分で申請されたとのことでしたが、不支給となっていました。 自力での申請は難しいと思い無料相談会にご参加されました。 社
続きを読む >>

糖尿病性腎症(人工透析)で障害基礎年金2級に認められたケース

ご相談にいらした状況 糖尿病性の腎不全で数カ月前から、人工透析を始めたとのことで、ご相談をいただきました。 社労士による見解 人工透析施行中のため2級以上には該当すると思いました。人工透析の場合、治療期間が長く、初診日から数十年経っているケースが多いため、カルテが廃棄されてしまい初診日証明が取れないケースが多いため、糖尿病の症状が現われた時期や今までの通院歴などを整理する必要があります。初診
続きを読む >>

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 072-245-9675
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談 電話相談 24時間 365日受付 072-245-9675
1分間受給判定
アクセス