11月, 2016年

うつ病で障害基礎年金2級に認められ年間140万円を受給できたケース

ご相談にいらした状況 休日に自宅でくつろいでいたところ、急に激しい動機が起こり倒れられ近医の内科を受診。検査の結果、異常は見つからず、念のため大きい病院を紹介されたとのことでした。 しかしながら、当該病院の検査結果でも異状は見つからず、精神的なものによる影響であるとのことで自律神経失調症と診断されたとのことでした。 勤務先が倒産になり、新たな環境での再就職、リーダーに任命されたことによる仕事
続きを読む >>

うつ病で障害基礎年金2級に認められ年間150万円を受給できたケース

ご相談にいらした状況 仕事上のストレス、人間関係から抑うつ状態、意欲低下、倦怠感を生じるようになり、精神科を受診されたとのことでした。 また、追い打ちをかけるようにポリープ手術、流産もあり精神的ストレスで帯状疱疹もでき、外出もできなくなり、家に引きこもるようになると、仕事も退職となっておられました。 ホームページから無料相談会の事を知り参加されました。 社労士による見解 うつ状態が重く日
続きを読む >>

うつ病で障害厚生年金2級を取得、認定日時点は障害厚生年金3級と認められ遡及額360万円を受給できたケース

ご相談にいらした状況 仕事のストレスなどから倦怠感、意欲低下、気分の沈み込み、食欲不振が続き3日間会社を休んだ後、精神科を受診。 会社を休職となり復職できず退職。退職後は治療に専念しながらアルバイトや内職をしていましたが、すぐに体調を崩してしまい、退職してしまう状況が続いていました。 現在は、実家に帰り10年以上自宅に引きこもりの状態となっておられました。親も高齢になり今後の生活に対し不安を
続きを読む >>

うつ病で障害基礎年金2級に認められたケース

ご相談にいらした状況 先天的なことから腎臓が悪く人工透析となり、最終的には腎移植となり数年にわたり闘病生活を送られていました。 また、母親が脳梗塞で倒れたことや、自身の病のこともあり、うつ状態、脱力、理解・思考力低下、不眠等になり、仕事(パート)を休むようになっていったため、精神科を受診されたとのことでした。仕事も退職となり経済的に困っていたところ無料相談会のことを知りご家族でご参加されました
続きを読む >>

うつ病で障害基礎年金2級に認められたケース

ご相談にいらした状況 職務上の多忙や長時間労働、深夜勤務、上司との人間関係のストレスで意欲の低下、倦怠感、不眠が生じ始め、精神科を受診されたとのことでした。 また、父親が健康を害していたこともあり、当該病気の心配や経済的な悩みも大きくなり、日常生活にも影響が発生し、仕事も集中力がなくミスが多くなるようになると休職となり、その後は退職、再就職しては症状悪化により退職するといったことを繰り返してい
続きを読む >>

脳梗塞で障害基礎年金2級と認められ遡及額として約160万円を受給できたケース

ご相談にいらした状況 突然、左半身の痺れが出て一旦は治まったが、夕方ごろ再度痺れが生じると救急車で緊急搬送され、MRI検査を受けたところ脳幹梗塞と診断され入院となり、後遺症として左半身の疼痛、痺れ、硬直、麻痺が残ったとのことでした。 退院後も思うように回復せず歩行困難な状態が続いており、仕事も出来ない状態で経済的に不安に思っていたところ無料相談会のことを知り参加されました。 社労士による見解
続きを読む >>

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 072-245-9675
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談 電話相談 24時間 365日受付 072-245-9675
1分間受給判定
アクセス