パニック障害や不安障害でも障害年金は受給できるのでしょうか?

質問

パニック障害や不安障害などの神経症でも障害年金は受給できるのでしょうか?

 

答え

パニック障害や不安障害などの神経症にあっては、その症状が長期間持続し、
一見重症なものであっても、原則として対象とならないこととなっています。

ただし、臨床症状から判断して精神病の病態を示しているものについては、
統合失調症又は気分(感情)障害に準して取り扱うとなっています。

この場合、医師にうつ病などの精神障害を併発していないか確認し、
もし併発している場合、それを診断書に反映してもらう必要があります。

よくある質問の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 072-245-9675
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談 電話相談 24時間 365日受付 072-245-9675
1分間受給判定
アクセス