新たな病名がついた日が初診日となるのでしょうか?

質問

精神疾患で最初に通院していた病院では適応障害と言われましたが、2つ目の病院ではうつ病と診断されました。この場合、新たな病名がついた日が初診日となるのでしょうか?

 

答え

傷病名の変更があったとしても、適応障害とうつ病に相当因果関係がある場合は、
最初の受診日を初診日とすることとなります。

精神科では医師の変更やその後の症状等により、傷病名が変更となることは、よく見受けられます。
前後の疾患に、社会的治癒と認められる場合等を除き、相当因果関係があると考えられます。

また、不眠で近所の内科を受診し、その後、精神科を紹介され、
うつ病と診断された場合なども最初の不眠で受診した内科が初診日となります。

精神障害の初診日は、必ずしも精神科や心療内科とは限られません。
他科にある可能性もあるので、当時の受診歴を確認していく必要があります。

よくある質問の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 072-245-9675
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談 電話相談 24時間 365日受付 072-245-9675
1分間受給判定
アクセス