障害年金は受給が決定すると一生涯もらえるのでしょうか?

質問

障害年金は受給が決定すると一生涯もらえるのでしょうか?

答え

障害年金は、一生涯もらえるものと1年から5年の有期のものがあります。

一生涯もらえるものを「永久認定」、有期でもらえるものを「有期認定」といいます。

「永久認定」は、手足の切断など、障害状態に一定の固定性が認められる場合に認定されます。

「有期認定」は、内臓疾患のように障害状態が変化する場合などで1年から5年までの間で更新時期が決定されます。決定された更新時期に定期的に診断書を提出し、その時の障害状態による等級で認定を受け、年金が支給されます。

※年金証書に次回診断書提出年月が記載されています。

「有期認定」は、障害の程度が軽くなった場合には2級から3級へといったように等級が下がります。障害基礎年金の場合は、2級以上でないと支給されませんので、3級程度以下の障害状態に該当した場合は、障害年金が支給停止となります。

 

イメージ図

障害年金Q&A イメージ図

よくある質問の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 072-245-9675
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談 電話相談 24時間 365日受付 072-245-9675
1分間受給判定
アクセス