双極性感情障害で障害厚生年金2級を取得。年間約140万円を受給できたケース

ご相談にいらした状況

双極性感情障害で仕事ができなくなり、4年を経過するが、障害年金は対象になるのかどうか、ご相談をいただきました

社労士による見解

相談者は仕事場でのストレスや家庭問題が原因で情緒不安定となり頭痛、倦怠感、喘息、不眠、動悸、眩暈、息切れ等といった症状が現れるようになりました。

精神科を受診したところ、双極性感情障害と診断されたとのことでした。仕事もされていたのですが、退職となっておられました。

受任から申請までに行ったこと

現在の病院が3件目だったため、最初の病院で受診状況等証明書をお願いしました。

また、障害認定日時点は、2件目の病院へ通院されていたので、当該病院に診断書の作成をお願いし、現在の病院では現症時の診断書を病院に作成依頼しました。

結果

事後重症で障害厚生年金2級に認められました。

病院を複数変わっている場合、受診状況等証明書や診断書を書いてもらう病院が異なる場合があります。障害年金は、制度が複雑で制度内容を知らないと、診断書の取り直しが必要になります。

それと精神疾患の方の場合、病気が原因でコミュニケーション能力が低下していて、症状をきちんと伝えることができず、診断書も実態と比較し軽い内容に書かれてしまうケースがあります。診察でもほとんど話すことなく、薬を出されて帰るといった場合の方は、当該ケースが多いようです。

そういうことからも専門家である社会保険労務士に相談されることをお勧めします

双極性障害(躁うつ病)の最新記事

精神疾患の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 072-245-9675
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談 電話相談 24時間 365日受付 072-245-9675
1分間受給判定
アクセス