双極性感情障害で障害厚生年金2級を取得、年間約130万円を受給できたケース

ご相談にいらした状況

職場での人事異動による、慣れない環境でのストレスから
不眠や抑うつ気分の症状が発生するようになり、仕事は休職と復職を繰り返したのち退職され、
再就職しても病状が悪化し、続かない状況が続いておられました。

また、病気のことを妻に理解してもらえず、そのことで離婚し、
そのショックから体重も激減している状況でした。

ご家族の方も心配されていたところ、
無料相談会の開催があったことを知り当該相談会に参加されました。

社労士による見解

躁の状態に入ると仕事をしようとするのですが、すぐに症状が悪化し、
数日で退職する状態が続いており、最近は鬱の状態が酷く継続していたことから
日常生活もほとんど出来ない状態となっていましたので、2級以上には該当すると思いました。

受任から申請までに行ったこと

通院期間が10年以上あり、転居もされていたため通った病院が多く、
最初の病院の特定と当該初診日証明が取得できるかが、重要であったため、
ご本人様から今までに通院した病院を確認し、当該病院に連絡をしました。

幸いにもカルテが残っており、受診状況等証明書を取得できました。

結果

無事、障害厚生年金2級に認められました。

通院歴が長く病院を変更されている方は、初診の病院でのカルテが残っていなかったり、
最初の病院を憶えていなかったりすることが多く、
初診日証明の取得に苦労されるケースが多いようです。

障害年金は、保険制度であるため、どんなに症状が悪くても、
初診日証明が取得できない限り受給することができません。

ただし、最初の病院で初診日証明が取れない場合であっても
証拠となる資料等の提出により認められるケースがありますので、
まずは経験豊富な専門家へ依頼することをお勧めします。

うつ病・気分変調症の最新記事

精神疾患の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 072-245-9675
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談 電話相談 24時間 365日受付 072-245-9675
1分間受給判定
アクセス