うつ病で障害共済年金2級に認められ年間160万円を受給できたケース

ご相談にいらした状況

潰瘍性大腸炎の闘病生活から精神的に不安定となり、不眠、不安、抑うつ気分が出現し始め、精神科を受診したところうつ病と診断され、仕事も退職となっておられました。
ホームページから無料相談会の事を知りご相談されました。

社労士による見解

現在は、うつ状態が強く、終日横になっている状態で日常生活にもかなり支障があり障害年金を請求できると思いました。
ただし、医師に日常生活の状況等は、ほとんど話したことが無いとのことでしたので、日常生活が困難になっている状況を診断書に反映してもらうのが重要と判断しました。

受任から申請までに行ったこと

日常生活状況をご本人及びご主人から詳細にヒアリングし、まとめたものを添付し医師に診断書を依頼しました。

結果

事後重症で障害共済年金2級に認められ年間約160万円の受給が決定しました。

精神疾患の場合、日常生活状況は重要項目となっています。普段の通院時に医師に日常生活が困難になっている状況を伝えきれていないと、診断書に症状が上手く反映されず、不支給になってしまう場合があります。

そういうことからも専門家である社会保険労務士に相談されることをお勧めします。

うつ病・気分変調症の最新記事

精神疾患の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 072-245-9675
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談 電話相談 24時間 365日受付 072-245-9675
1分間受給判定
アクセス