パーキンソン病で障害厚生年金2級に認められ、年間約160万円を受給できたケース

ご相談にいらした状況

7年前、会社の健康診断で看護師から手の振戦を指摘され、
神経内科の受診を勧められ、病院を受診したところパーキンソン病と診断されたとのことでした。

仕事は続けていましたが、次第に症状が重くなり
外回りの仕事も出来なってきたことから事務関係の仕事に職務変更しているとのことでした。

薬を飲んでいても効いている時間も短く途中で歩けなくなるため、車椅子を利用していました。

社労士による見解

パーキンソン病は、薬で症状を抑えられている間は、
認定の対象となりません。

薬の効果が弱まり日常生活に制限が出る場合は審査の対象となります。
また、診断書欄の『日常生活動作の程度』は非常に重要な項目となります。
当該項目は車椅子や杖等の補助用具を使用しない状態で
記載してもらう必要があるのですが、
時々補助用具を使用している状態で書かれている場合がありますので、注意が必要です。

受任から申請までに行ったこと

ウェアリング・オフ現象がある旨の記載など、
診断書を書いていただく際の必須事項などを資料として纏め、
医師に診断書を書く際の参考資料とさせていただきました。

結果

障害厚生年金2級に認められました。

パーキンソン病の申請は、本当に難しいのです。
上記以外にも注意する点は、たくさんあります。
是非専門家への相談をお勧めします。

関節リウマチ・パーキンソン病・四肢麻痺等の最新記事

身体障害の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 072-245-9675
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談 電話相談 24時間 365日受付 072-245-9675
1分間受給判定
アクセス