躁うつ病で障害厚生年金2級と認められ遡及額260万円を受給できたケース

ご相談にいらした状況

仕事でのストレス、人間関係などから、
頭痛、倦怠感、めまいなどを生じるようになり、精神科を受診。

うつ病と診断される。

その後、薬を飲みながら仕事を続けていましたが、
現場の責任者に命じられるとそのプレッシャーもあり、症状が悪化。

欠勤、休職を繰り返すようになり退職となられていました。
退職後は治療に専念していましたが、今後の生活に対し不安を抱いていたところ、
障害年金のことを知り、無料相談会に参加されました。

社労士による見解

うつ状態が重く日常生活は全面的に奥様の援助が必要な状態で、
医師からも就労は止められていましたので、2級以上には該当すると思いました。

受任から申請までに行ったこと

ご相談されてから、症状が悪化し入院となったため、
受診状況等証明書の取得、診断書の取得についても、
当時通院していた病院に伺い、カルテが残っているか確認しました。

幸いにもカルテが残っており、認定日時点の診断書も書いてもらうこともできました。

病院を転院している場合、現在の病院だけでなく、
当時通院していた病院で診断書等を取得する必要がある場合があります。

また、通院しなくなった病院に再び行くのは精神的にも負担になるので、
こちらで対応させていただきました。

結果

障害厚生年金2級に認められ、年間約130万円の受給が確定し、
2年遡及も決定し、当該遡及額として約260万円受給することが出来ました。

通院歴が長く病院を転院している場合は、手続きがさらに複雑になります。

特に遡及請求する場合は、初診日はいつになるのか、
認定日はいつになるのかを正確に確認できていないと、
意味の無い診断書を取得してしまい、年金事務所で受付してもらえない場合があります。

そういうことからも専門家である社会保険労務士に相談されることをお勧めします。

双極性障害(躁うつ病)の最新記事

精神疾患の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 072-245-9675
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談 電話相談 24時間 365日受付 072-245-9675
1分間受給判定
アクセス