脳梗塞及びくも膜下出血で障害共済年金2級を取得、年間約240万円を受給できたケース

ご相談にいらした状況

職場の会議中に突然、頭痛がして歩けなくなり、救急車で運ばれ、病院で検査を受けたところ、
くも膜腔に出血が見つかり緊急手術となる。
一命は取り留めたものの右半身麻痺と高次機能障害が残ったとのことでした。

現在、仕事は休職となり、リハビリを継続していましたが、
今後の仕事や生活のことを心配していたところ、奥様が障害年金のことを知り、
無料相談会に参加されました。

社労士による見解

右半身の麻痺が強く杖歩行で、高次機能障害もありましたので、
診断書を症状どおり書いてもらえれば、障害年金を請求できると思いました。

ただし、症状が多岐に渡っているため、
今回は「肢体の障害用」「精神の障害用」「音声又は言語機能の障害用」と
3枚の診断書が必要となります。

診断書を使い分けないと評価されませんので注意が必要です。
また、肢体の診断書は記載漏れでが多いので注意が必要です。

特に麻痺の症状がある場合、当該麻痺に○が入っているか、車椅子の場合は必ず○が入っているかは、確認しなければなりません。

受任から申請までに行ったこと

ご家族の方から日常生活の状況をヒアリングし、
資料として纏め医師に診断書を書く際の参考資料としました。

本人は高次機能障害などがあり、症状や日常生活のことを上手く医師に伝えることが出来ないため、
日常生活に制限が出ていることを診断書に落とし込めないケースが多いからです。

結果

障害共済年金2級に認められました。

肢体の診断書は特に記載漏れが多いので注意が必要です。
また、関節可動域、筋力も重要項目ですが、日常生活における動作の障害の程度も重要項目です。

医師の中でこの日常生活、すなわち実際の現場での状況が見えず、軽く書かれることが多いようです。そういうことからも専門家である社会保険労務士に相談されることをお勧めします

 

脳血管障害(脳出血・脳梗塞・もやもや病等)の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 072-245-9675
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談 電話相談 24時間 365日受付 072-245-9675
1分間受給判定
アクセス