うつ病で障害厚生年金2級に認められ、年間約120万円を受給できたケース

ご相談にいらした状況

仕事のストレス、人間関係の問題から不安、不眠、抑うつ状態などを生じるようになり精神科を受診したところうつ病と診断されたとのことでした。

薬を飲みながら仕事を続けていましたが、症状が悪化し、ドクターストップにより仕事は退職となり、現在は自宅で引きこもりの状態となっておられました。収入も全くなくなり、家から一歩も出ることができず、ゴミ屋敷状態で洗濯物も溜まったままで、お風呂にも入れず、食べる物も無くなり、市役所に助けを求めたところ生活保護の申請を勧められたが、単身生活は危険であることから両親がいる実家に戻ることとなったとのことでした。

医師からも障害年金を勧められ、ホームページから弊社のことを知り無料相談会に参加されました。

社労士による見解

うつ状態が重く自閉的な生活で全面的に家族の援助が必要な状態で、医師からも就労は止められていましたので、2級以上には該当すると思いました。

ただし、精神疾患の場合病気が原因でコミュニケーション能力が低下しているため、症状をきちんと伝えることができず、日常生活状況等を診断書に落とし込むことが出来ないケースが多々あります。

受任から申請までに行ったこと

同じ病院にかかっていたため、手続きはスムーズでしたが、診断書の内容は実態と異なるところがありました。以前は単身で生活していましたが、現在は実家で家族の援助を受けながら生活していることなど普段の通院時に医師に伝えていなかったため、診断書の内容が過去の状況で書かれていました。

そのため事実を告げ、訂正していただきました。

結果

無事に障害厚生年金2級に認められ年間約120万円の受給が決定しました。

精神疾患の場合、単身生活かそうでないかで病状を軽くみられるケースがあり当該項目も重要項目となります。精神疾患の申請は非常に難しいです。

そういうことからも専門家である社会保険労務士に相談されることをお勧めします

うつ病・気分変調症の最新記事

精神疾患の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 072-245-9675
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談 電話相談 24時間 365日受付 072-245-9675
1分間受給判定
アクセス