乳癌で障害基礎年金2級を受給できたケース

ご相談にいらした状況

右乳房に自壊した病変が出現し、病院で検査を受けたところ、乳癌と診断され肺にも転移していることがわかりました。抗がん剤治療開始となり治療を受けていましたが、増大していることがわかり、治療内容等を変更。また、乳癌について全摘、腋窩リンパ節も郭清となる。

その後、抗がん剤治療を行うも抗がん剤の副作用が強く上下肢の浮腫で運動障害が出ており歩行も困難で、爪も剥がれ落ち、手の腫れが強く洗い物や買い物等の家事全般も全く出来無い状態となっていました。

治療費も高額となり、何か公的な補助はないのかと調べていたところ、がんでも障害年金が受給できることを知り、無料相談会に参加いただきました。

社労士による見解

癌の手術後、転移や再発が無い場合であっても、癌の治療のため抗がん剤治療の副作用で日常生活や労働に支障が出ている場合は、障害年金の対象になります。

医師も知らないケースが多く、診断書を依頼しても障害年金の受給に必要な症状などを落とし込めないケースが多いようです。

受任から申請までに行ったこと

診断書を依頼する際、腫瘍マーカーの結果、ステージ、転移の有無、余命などについては必ず診断書に記載してもらうようお願いしました。

また、抗がん剤の治療で、日常生活に多くの制限が出ていましたので、病歴・就労状況等申立書に詳しく記載しました。

結果

障害基礎年金2級に認められました。

医師の中でも癌が障害年金の対象となっていることを知らないケースが多く、また、認定基準なども知らないため必要な症状等を診断書に反映できないケースが多いです。

そういうことからも専門家である社会保険労務士に相談されることをお勧めします。

乳がん・咽頭がん・直腸がん等の最新記事

がんの最新記事

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 072-245-9675
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談 電話相談 24時間 365日受付 072-245-9675
1分間受給判定
アクセス