軽度知的障害があり別に統合失調症も発症していたことから、就労中(厚生年金加入中)にも関わらず障害厚生年金2級を取得、年間約100万円受給できたケース

ご相談にいらした状況

お姉さまから弟の障害年金申請でご相談があり、軽度知的障害で統合失調症も患っており、20歳前障害で障害基礎年金の申請で進めていましたが、病歴・就労状況等申立書の書き方がわからず、行き詰まっていたところ弊社の無料相談会のことを知り、参加されました。

社労士による見解

障害年金の場合、知的障害は先天性の疾患で、初診日については生まれた日となり、障害基礎年金での請求となります。

一方、統合失調症は仕事されているときに発症し、当該初診日は厚生年金加入中にありました。両疾病の因果関係によっては、障害厚生年金での申請が可能なケースがありますので注意が必要です。

受任から申請までに行ったこと

医師に知的障害と統合失調症との因果関係を確認しました。

確認の結果、因果関係なしと回答がありましたので、障害厚生年金での請求に切り替えました。また、就労中ではありましたが、仕事場で支援員から多くのサポートを受けていましたので、当該サポート状況等の詳細を診断書に記載してもらうよう医師に依頼しました。

結果

障害厚生年金2級に認められました。今回の申請はかなり難しいケースです。請求の仕方によっては障害基礎年金での請求となってしまいます。

そういうことからも専門家である社会保険労務士に相談されることをお勧めします。

発達障害・知的障害の最新記事

精神疾患の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 072-245-9675
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談 電話相談 24時間 365日受付 072-245-9675
1分間受給判定
アクセス