うつ病で障害厚生年金2級に認められ、年間約200万円を受給できたケース

ご相談にいらした状況

仕事量の増加に伴い仕事を完璧にこなそうとして神経質になり、夜眠れなくなるなど、睡眠障害が出始めると集中力低下や抑うつ状態も出始めたとのことでした。

次第に仕事を休んでも症状が治らず継続するようになり、うつ状態が酷くなったため、精神科を受診したところ、うつ病と診断されたとのことでした。

投薬治療を受けながら仕事をしていましたが、症状が悪化し入院もされていました。

入退院を繰り返すようになり、金銭的な問題も出始め、妻や子供もいたため、公的な補助がないかと調べていたところ、当センターのことを知り、無料相談会に参加されました。

社労士阪本による見解

無料相談に参加された後、すぐに入院となりました。入院中であれば、2級で認定されるケースが多いようです。

ただし、障害年金の手続きは後回しになることが多く、事後重症で請求の場合、受給権は請求した月に発生し支給はその翌月からとなりますので、注意が必要です。

受任から申請までに行ったこと

本人は入院中で外出不可な状態でありましたので、当センターで医師に診断書を依頼しました。

診断書が出来上がった段階で、医師の確認の元、病室まで伺わせていただき病歴・就労状況等申立書を作成しました。

また、戸籍謄本など申請に必要な書類も代理で取得し、申請を行いました。

結果

無事に障害厚生年金2級に認められ年間約200万円の受給が決定しました。

入院中は症状が重いため、障害年金が認められるケースが多いです。

障害年金の手続きは、揃える書類も多く時間がかかります。特に事後重症で請求の場合は、月をまたがるとその分支給されるのが遅くなるため、速やかに申請したいものです。

そういったことからも専門家である社会保険労務士に相談されることをお勧めします。

うつ病・気分変調症の最新記事

精神疾患の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 072-245-9675
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談 電話相談 24時間 365日受付 072-245-9675
1分間受給判定
アクセス