双極性障害で障害基礎年金2級に認められ、約160万円の遡及も決定したケース

ご相談にいらした状況

人間関係や子供の不登校などから奥様がうつ病(後に双極性障害に診断名の変更となる)となり、入退院を繰り返していることから、今後の医療費の問題などもあるため、障害年金を受給できないかとのことでホームページから無料相談会の事を知り参加されました。

社労士による見解

現在は、生活リズムがかなり乱れており、不眠と仮眠を繰り返し、食事も1食、お風呂にもあまり入ることが無く、躁状態に入るとクレジットカードで高額な買い物をしてしまう状況が続いており、仕事もすることもできず、入退院を繰り返しておられました。

そのため、当該症状を診断書に反映できれば、障害年金は受給できると判断しました。

受任から申請までに行ったこと

お話を伺ったところ、日常生活状況等を医師には、ほとんど話したことが無いとのことでしたので、日常生活が困難になっている状況を診断書に反映してもらうのが重要と判断しました。

日常生活状況をご本人及びご主人から詳細にヒアリングし、まとめたものを添付し医師に診断書を依頼しました。

結果

認定日で障害基礎年金2級に認められ、遡及額として約160万円の受給が決定しました。

精神疾患の場合、日常生活状況は重要項目となっています。
普段の通院時に医師に日常生活が困難になっている状況を伝えきれていないと、診断書に症状が上手く反映されず、不支給になってしまう場合があります。

そういうことからも専門家である社会保険労務士に相談されることをお勧めします。

うつ病・気分変調症の最新記事

精神疾患の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 072-245-9675
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談 電話相談 24時間 365日受付 072-245-9675
1分間受給判定
アクセス