脳出血で障害厚生年金3級と認められ、4年遡及も決定し遡及額約480万円を受給できたケース

ご相談にいらした状況

奥様からホームページを見たとのことでご相談がありました。


お話を伺ったところ、ご主人が仕事から帰宅後、突然、身体の右側が麻痺し、急に話すことができなくなったため、異変に気付いた奥様が救急車を呼び病院に搬送されたとのことでした。

病院でCT検査を実施したところ、左被膜出血が見つかり、幸いにも命に別状はありませんでしたが、右片麻痺と高次機能障害が残ったとのことでした。長年の功績があったため、仕事は続けることができましたが、営業職から簡易な事務職へ職務変更となり給料も大幅に下がってしまったとのことでした。

障害年金や障害者手帳のことは、医師から全く説明がなく4年が経過していました。

何か公的な補助は無いのか調べていたところ当センターのことを知り、無料相談会に参加されました。

社労士による見解

右半身の麻痺に加え、高次機能障害の影響があり、仕事は簡単な事務作業でしたが、今聞いたことを覚えたり、人に伝えたりすることができないなど記憶障害の影響が大きく、コミュニケーションを扱うような仕事は出来ない状態でしたので、障害年金は受給できると判断しました。

受任から申請までに行ったこと

高次機能障害による記憶障害や失語症の影響から具体的な日常生活状況などを医師に伝えることが難しいため家族から日常生活や仕事の状況を入念にヒアリングし、当該状況を資料としてまとめ、医師に診断書を作成する際の参考資料としてお渡ししました。

結果

障害厚生年金3級に認められ年間約110万円の受給が決定し、4年遡及も決定し遡及額約480万円を受給することができました。

肢体の診断書は関節可動域、筋力も重要項目ですが、日常生活における動作の障害の程度も重要項目です。高次機能障害により日常生活や仕事の状況を医師に上手く伝えることできず、当該項目が軽く書かれてしまうケースがあります。

そういうことからも専門家である社会保険労務士に相談されることをお勧めします。

脳血管障害(脳出血・脳梗塞・もやもや病等)の最新記事

脳疾患の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 072-245-9675
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談 電話相談 24時間 365日受付 072-245-9675
1分間受給判定
アクセス